1. HOME
  2. 骨董
  3. 児玉 幸雄「ニッカ余市工場にて」
骨董

児玉 幸雄「ニッカ余市工場にて」

骨董

15

先日児玉 幸雄「ニッカ余市工場にて」の絵画をお買取させていただきました🎶

1916年大阪市の薬品店に生れるた児玉 幸雄氏
昭和32(1957)年に渡欧して以来、毎年のようにヨーロッパ各地を廻り、時には中近東やアフリカにも脚を伸ばして題材を求め、精力的な制作を重ねた。多くの日本人画家をはじめ世界中の画家が描いたパリも、児玉が盛んに取りあげた題材であったが、ある文章の中で「いきいきと雑踏する広場の朝市に偶然ぶつかると、思わず快哉を叫びたくなる程の衝動に駆られます」と自ら語っているように、いわゆる名所や旧跡ではなく、庶民の活気あふれる朝市や、そこで生活する名もない人々の生きざまを好んで描いています🖼️

そんな児玉氏が描いた余市のニッカ工場
暖かみがある作品でコアなファンをグッと掴む作品となっております☺️

一般のお客様・業者様のお買取大歓迎です☺︎☺︎
お気軽にこちらのCONTACTよりお問合せくださいませ( ⋅֊⋅ )‎و💕

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。